Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部外付けHDDにトロイの木馬が混入 - ロジテックがリコール

ロジテックは、外付けタイプハードディスクの一部にウイルスが混入していたことが判明したとして、回収交換を進めるとともに、利用者に対してウイルス対策を実施してほしいとアナウンスしている。

混入のおそれがあるのは、1月16日以降に出荷された3.5インチのハードディスクを搭載した外付けハードディスク「LHD-ED250U2」「LHD-ED400U2」「LHD-ED250SAU2」の一部。「LHD-ED250U2」については28台、他2機種はそれぞれ20台について感染しているという。混入したウイルスは、バックドアを作成するトロイの木馬「DROPPER」や「PERLOVGA」「SMALL」など。

同社では、今回の感染事故を受け、回収交換を実施するとしているが、すでに利用している場合は、すぐに利用を中止し、ウイルス対策を実施してほしいと呼びかけている。

該当製品であるかは、同社ウェブサイト上でシリアル番号を入力することにより確認できる。同社では対応済み製品については製品の外箱にオレンジのシールを貼っており、製品背面の型番末尾に黒のドットを打っており、問題なく利用できるとしている。

(Security NEXT - 2007/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず