Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなグループで相次いで個人情報記載書類の紛失事故が発生

りそな銀行や埼玉りそな銀行において、顧客の個人情報を記載した書類を紛失する事故が発生した。

りそな銀行では、1月22日に萩ノ茶屋支店の従業員が営業活動中、顧客情報を記載した書類を紛失。同支店の顧客情報276件を含んでおり、住所や氏名、電話番号、生年月日のほか、普通預金や投資信託の残高といった個人情報が記載されていた。

また同日、埼玉りそな銀行においても、東松山支店嵐山出張所において顧客情報記載書類の紛失事故が発生。国民健康保険や固定資産材、町県民税の領収通知書25件の所在がわからなくなった。住所や氏名、納税額など15件の個人情報が記載されている。

いずれの事故についても、警察へ紛失を届け、該当する顧客に事情を説明、謝罪するなど対応を行ったという。

(Security NEXT - 2007/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町