Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話基地局の電波、人体へ影響ない - 携帯3キャリアが検証結果

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話主要3キャリアは、携帯電話の基地局が発する電波の安全性を検証できたと発表した。

3社は、電波の細胞への影響について三菱化学安全科学研究所へ調査を委託し、2002年から実験をスタート。2005年4月、細胞の増殖や遺伝子の働き、DNA鎖切断などに対する影響はないとの見解を発表し、その後も詳しい調査を進めていた。

実験では、異なる特徴を持つ4種類のヒト細胞と哺乳類の細胞1種類に対し、基地局電波における基準値の10倍の電波照射したが、遺伝子やたんぱく質への作用による細胞のガン化作用や細胞死の誘導などの影響は確認されなかったという。

3社は、今回の実験結果が、携帯電話の電波により細胞がガン化するといった学説を否定する根拠になるとし、基地局の電波について安全性を検証できたとしている。

(Security NEXT - 2007/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区
高校行事出席者へのお礼メールで誤送信 - 宮城県
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず