Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話基地局の電波、人体へ影響ない - 携帯3キャリアが検証結果

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話主要3キャリアは、携帯電話の基地局が発する電波の安全性を検証できたと発表した。

3社は、電波の細胞への影響について三菱化学安全科学研究所へ調査を委託し、2002年から実験をスタート。2005年4月、細胞の増殖や遺伝子の働き、DNA鎖切断などに対する影響はないとの見解を発表し、その後も詳しい調査を進めていた。

実験では、異なる特徴を持つ4種類のヒト細胞と哺乳類の細胞1種類に対し、基地局電波における基準値の10倍の電波照射したが、遺伝子やたんぱく質への作用による細胞のガン化作用や細胞死の誘導などの影響は確認されなかったという。

3社は、今回の実験結果が、携帯電話の電波により細胞がガン化するといった学説を否定する根拠になるとし、基地局の電波について安全性を検証できたとしている。

(Security NEXT - 2007/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響