Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話基地局の電波、人体へ影響ない - 携帯3キャリアが検証結果

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話主要3キャリアは、携帯電話の基地局が発する電波の安全性を検証できたと発表した。

3社は、電波の細胞への影響について三菱化学安全科学研究所へ調査を委託し、2002年から実験をスタート。2005年4月、細胞の増殖や遺伝子の働き、DNA鎖切断などに対する影響はないとの見解を発表し、その後も詳しい調査を進めていた。

実験では、異なる特徴を持つ4種類のヒト細胞と哺乳類の細胞1種類に対し、基地局電波における基準値の10倍の電波照射したが、遺伝子やたんぱく質への作用による細胞のガン化作用や細胞死の誘導などの影響は確認されなかったという。

3社は、今回の実験結果が、携帯電話の電波により細胞がガン化するといった学説を否定する根拠になるとし、基地局の電波について安全性を検証できたとしている。

(Security NEXT - 2007/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
府立高校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演
「電力需給ひっ迫」との緊急速報メール、約200万件超へ誤送信
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性