Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール監査アプライアンスのファームウェアをバージョンアップ - MSA

MSAは、メールの監査やアーカイブを行うアプライアンス「MAIL PATROLシリーズ」の最新ファームウェアVer.2.2.0をリリースした。

今回のバージョンアップでは、Windows Vistaや2007 Office Systemへ対応。また、メール検索機能や統計グラフ機能の強化したほか、自動バックアップ機能を追加した。さらにAPC製UPS「Smart-UPS 500」「APC CS 500」に対応している。ユーザーは、オンラインでのファームウェア更新が可能。

(Security NEXT - 2007/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性