Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSなどITベンダー7社が情報セキュリティ推進コミュニティを立ち上げ

マイクロソフトをはじめとするITベンダー7社は、情報セキュリティ政策会議が定めた2月2日の「情報セキュリティの日」に合わせ、共同でセキュリティの啓蒙活動を推進していくとし、コミュニティを立ち上げた。

マイクロソフトや大手ISP、セキュリティベンダーなど7社が発起人となり「情報セキュリティ対策推進コミュニティ 運営事務局」を設置、「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言! 2007」プログラムを展開するもの。活動の一環として専用のコミュニティサイトを立ち上げる。

同コミュニティサイトでは、情報セキュリティに対する活動など参加企業の取り組みを紹介。また参加企業は、各自のウェブサイトで共通のメッセージを発信したり、コミュニティへの参加を呼びかけるなど、情報セキュリティの啓蒙活動を推進する。2月6日に都内で主要参加企業によるキックオフを開催が予定されている。

また、総務省や情報処理推進機構,JPCERTコーディネーションセンター、日本ネットワークセキュリティ協会など、関連団体も後援する予定で、すでにコミュニティへの参加を表明した企業も10社を越えている。

(Security NEXT - 2007/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず