Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウィルコム、端末紛失時のリモートロックを代行 - 情報漏洩防止をサポート

ウィルコムとウィルコム沖縄は、遠隔から端末の操作を制限する「リモートロック」の代行サービスを3月上旬より開始する。

同サービスは、2005年4月から提供している「リモートロック」をウィルコムが代行するサービス。同社のサービスセンターに電話するかウィルコムプラザへ来店すれば、端末のロックを遠隔操作を依頼できる。

「リモートロック」を実施すると、電源のオン、オフ、と着信通話以外の操作が制限できるため、個人情報などの漏洩対策などに活用できる。また希望により遠隔操作で解除することも可能。モートロックを事前に設定していない場合も対応する。

ロックの設定は、1回につき525円。ロックの解除は無料で行える。対応はコールセンターやウィルコムプラザの営業時間のみとなり、端末の圏外や電源が入っていない場合は利用できない。

対応端末は、「WS009KE(RX420AL利用の場合)」「WX321J」「WX220J」「WX320K」。また、バージョンアップにより「WX310K」「WX310J」「WX310SA」「WX300K」「AH-J3003S」でも利用可能。

(Security NEXT - 2007/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か