Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員宅からWinny上へ個人情報や業務情報が流出 - 日商エレ

日商エレクトロニクスは、元従業員の自宅パソコンに保存されていた個人情報や業務情報がWinnyを経由で流出していたと発表した。

今回の情報流出は、元従業員のパソコンにいわゆる暴露ウイルスが感染し、インストールされていたWinnyを経由して外部へ情報が流出したもので、2006年12月末に判明。元従業員は2005年2月に同社を退社しているが、退職時に貸与していたパソコンは回収したものの、バックアップデータを自宅へ持ち帰っていたという。

同従業員が所属していた事業部は、もともと兼松コミュニケーションズより2005年1月に同社が譲渡を受けたもので、当時引き継いだ顧客情報を含む301件の個人情報が流出。氏名や企業名、所属、所在地など含まれる。また業務情報も15社分が保存されていた。

流出情報はすべて特定できており、同社では個別に連絡、謝罪した。また営業譲渡とは関係ない情報も含まれていたが、関連する情報元へ連絡を入れたという。

同社では、「厳しい体制を構築してきただけに、当時の情報管理の甘さに慚愧が絶えない」とコメントし、悔しさを滲ませた。持ち出しの禁止や情報の廃棄、Winnyの使用禁止など、再発防止に力を入れるという。

(Security NEXT - 2007/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で