Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で顧客のアドレス2178件を流出 - インテリアショップ運営会社

リビング・デザインセンターは、昨年12月28日に送信したセミナー案内メールを、送信先2178件の氏名とアドレスが表示された状態で送った。

誤送信が発生したのは、過去に同社主催のセミナーに参加した顧客宛てに送られた案内メール。送信先を「CC」に設定し、送信操作をした。すぐに担当者が気付いて送信停止措置を取ったため送信は行われなかったと判断したが、実際にはすでに送信されており、顧客2178件の氏名とアドレスが流出した。

1月4日の休暇明けに、顧客からアドレス流出を指摘する連絡があったことを確認。ただちに該当する顧客に対し、説明と謝罪のメールを送ったとしている。

(Security NEXT - 2007/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性