Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で顧客のアドレス2178件を流出 - インテリアショップ運営会社

リビング・デザインセンターは、昨年12月28日に送信したセミナー案内メールを、送信先2178件の氏名とアドレスが表示された状態で送った。

誤送信が発生したのは、過去に同社主催のセミナーに参加した顧客宛てに送られた案内メール。送信先を「CC」に設定し、送信操作をした。すぐに担当者が気付いて送信停止措置を取ったため送信は行われなかったと判断したが、実際にはすでに送信されており、顧客2178件の氏名とアドレスが流出した。

1月4日の休暇明けに、顧客からアドレス流出を指摘する連絡があったことを確認。ただちに該当する顧客に対し、説明と謝罪のメールを送ったとしている。

(Security NEXT - 2007/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず