Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

料金収納払込票553件が回収中に盗まれる - サークルKサンクス

サークルKサンクスは、1月7日に大阪府豊中市内の2店舗で扱った料金収納の払込票553件が、集荷中に回収ケースごと盗難に遭ったと発表した。

被害に遭ったのは、サンクス緑地公園駅店およびサンクス庄内東町店から回収した料金収納払込票控え計553件分。払込票の種類によって、氏名のみが記載されているものと、氏名および住所が記載されているものがある。

同2店舗から回収後、他店舗を回って集荷している途中で回収ケースごと盗まれたという。同社では警察に盗難届を提出、さらに経済産業省と日本フランチャイズチェーン協会に事態を報告した。

同社によると料金の収納については、店舗で受け付けた時点で正常に完了しているという。該当する顧客に対し、経緯説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2007/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力