Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信防止機能を装備した定番FAXソフトを発売 - メガソフト

メガソフトは、誤送信防止機能のほか、高速通信機能やナビ機能などをあらたに搭載したFAX管理ソフト「STARFAX13」を、同社のオンラインショップでは1月29日より、店頭では2月9日より発売する。価格はパッケージ版が1万5540円、ダウンロード版が1万1655円。スーパーG3モデムパックは4万7040円。

同製品は、送信や電話帳の管理などのFAX業務をパソコンの画面上で行えるFAXソフト。最新版では、送信先を制限できる「電話帳ロック機能」があらたに追加された。グループ共有電話帳に登録した宛先にのみ送信が許可されるため、番号の押し間違いによる第三者への誤送信を防止できる。

また、スーパーG3規格による高速通信に対応するため、スーパーG3対応FAXモデムをセットにした「スーパーG3モデムパック」を製品ラインナップにくわえた。これにより、従来のG3規格に比べて約2倍である最高33600bpsの通信速度が実現した。

070117ms.jpg

(Security NEXT - 2007/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大