Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンプライアンス統括最高責任者の設置は半数以下 - IDC Japan調査

セキュリティ関連事故やJ-SOX法の施行など、コンプライアンス体制の整備が企業には求められているが、実際に2007年はコンプライアンス関連のIT投資が加速する年となりそうだ。

IDC Japanが2006年10月に国内企業主要企業180社を対象に調査を実施し、判明したもので、2007年におけるコンプライアンス関連IT予算の増額を見込む企業は46.2%にのぼり、「20%以上増額」と回答した企業も全体の3分の1に達した。

しかし一方で、コンプライアンス統括最高責任者を置く企業は42.8%と半数以下にとどまっており、体制が未整備な企業も多い。セキュリティ対策ソフトやデータ管理ソフトなどは導入が進んでいるが、コンテンツ管理やアクセス制御などデータの管理面は遅れている。

また、財務面のツールについても導入が進んでいるものの、そのほかのコンプライアンス体制を支援するGRC管理ソリューションについても遅れているという。

(Security NEXT - 2007/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県