Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日韓交流事業の応募者情報を誤って流出 - 内閣府

内閣府が管理する個人情報を誤って外部へ提供し、韓国の大学のウェブサイト上に掲載されていたことがわかった。

外部へ流出したのは、「日本・韓国青年親善交流事業」の応募者情報。2001年度に不採用となった81名分の氏名や年齢、学校や勤務先など個人情報。

内閣府により誤って提供され、韓国の大学のウェブサイト上に約3カ月間掲載されていたという。掲載された本人から指摘があり、判明。現在は削除されている。

(Security NEXT - 2007/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
PHPがセキュリティアップデート - 5.6系と7.0系がサポート終了へ
「割引」で誘引、ふるさと納税の偽サイトに注意 - 公式サイトよりデータ盗用
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性