Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本郵政公社でシステムトラブル - 最大1万691件が引き落とし不能に

日本郵政公社の自動払込システムに不具合があり、一部で自動引き落としが不能になる事故が発生した。

同社が誤引き落とし防止を目的にシステムを変更したところ、一部で引き落とし不能となる不具合が発生したもの。1月4日から10日まで引き落としが行われる約3400万件のうち、最大1万691件において引き落とし不能となった可能性があるという。影響を受ける可能性がある収納事業主は1243社にのぼっている。

同社では、1月11日に旧のシステムへ戻し、事故原因の詳細を調べている。また、収納事業主へ謝罪し、引き落とし不能分については再引き落とし日の協議を進めている。また、自動払込を利用している利用者に対しても謝罪し、再引き落とし日を連絡するという。

日本郵政公社
http://www.japanpost.jp/

(Security NEXT - 2007/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
保健師が従業員の健康情報を大学の講義で開示 - イオン北海道