Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyなどで入手した地図ソフトを販売した男性が逮捕 - 被害総額は1億円以上か

福岡県警と筑紫野署は、不正に入手した地図ソフトを無断で複製し、オークションサイトで販売していた宮崎県在住の29歳男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によると、逮捕された男性は、2006年9月下旬ごろから10月下旬ごろまでの間、ゼンリンの電子住宅地図ソフト「デジタウン」154製品を無断で複製し、オークションサイトを介して販売していたという。

警察の調べによれば、そもそも男性が販売していたソフト自体が海賊版で、ファイル交換ソフトのWinnyやLimewireにより入手したものだった。男性は、それらソフトウェアを複製した上で少なくとも245人に販売し、売上は約123万円を得ていたという。正規価格に換算すると1億円を超えるという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ