Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラムを公開 - Mac版Office向けパッチも

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムの配布を開始した。今月は緊急が3件、重要が1件となっている。

深刻度が緊急とされているのは、WindowsのVector Markup Languageに関する脆弱性のほか、Excel、Outlookに関するもので、いずれも脆弱性を悪用されると外部からコードを実行されるおそれがある。

Vector Markup Languageの脆弱性は、ベータ版として公開されているWindows Vista RC1にも影響があり、同社ではWindows Updateで対策ソフトを配布する。Windows Vistaの正式版には同脆弱性の影響はないという。また、Excelの脆弱性はWindows版Officeだけでなく、「Microsoft Office 2004 for Mac」「Microsoft Office v. X for Mac」にも影響がある。

深刻度が重要とされたのは、Microsoft Office 2003におけるポルトガル語の文章校正プログラムの脆弱性。同様にリモートでコードが実行される可能性がある。

当初、マイクロソフトは8件のプログラムについて公開を計画していたが、一部がテスト段階で問題が見つかり、6日に4件へ変更していた。

2007年1月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jan.mspx

関連記事:Excel 2000向けセキュリティパッチに不具合 - MSが原因を調査中
http://www.security-next.com/005259.html

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE