Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyやセキュリティソフトの押し売りの相談件数が増加 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2006年12月のウイルス検出状況や不正アクセスの届出状況を発表した。11月に登場したウイルス「Nuwar」の亜種が複数発生し、大量に出回ったほか、Winnyやセキュリティソフトの押し売りに関する相談件数が増加傾向にあるとして注意を発している。

12月のウイルス検出数は約131万個で、前月の約158万個から17.3%の減少となった。届出件数に関しては3212件と、前月の3664件から12.3%の減少となった。検出数は「Netsky」が約67万個でトップ。2位は「Looked」で約23万個、3位は「Nuwar」で約17万個と続いた。

「Nuwar」は11月に見付かっていたが、12月末に複数の亜種があらたに出現した。亜種は年末を狙ったもので、「Happy New Year!」など新年の挨拶を装った件名で届き、添付ファイルを開くとウイルスに感染する。

また、昨年9月に発生した「Looked」の亜種が依然としてまん延している。同ウイルスは、オンラインゲームのIDやパスワードを盗むスパイウェア。オンラインゲームのIDが盗まれた場合、RMTを目的として不正にログインされ、アイテムなどが奪われるので注意が必要だ。

不正アクセスの届出件数は10件で、そのうち被害件数は9件だった。被害の内訳は、侵入6件、DoS攻撃1件、その他2件。不正アクセスに関連した相談件数は40件で、そのうち被害のあった件数は23件だった。

また「ワンクリック不正請求」に関する相談件数が130件だった。11月より減少したものの、年間を通じて多くの被害相談が寄せられた。Winnyに関する相談は、先月の12件から15件へ増加。セキュリティソフトの押し売りに関する相談は18件から31件へ大きく増加しており、依然注意が必要だ。

(Security NEXT - 2007/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性