Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便局員が国民健康保険料納付書を誤配送 - 横浜市金沢区

横浜市金沢区は、同区が郵送した国民健康保険料納付書1件が、誤送付されていたと発表した。

同区発送の納付書が、2006年12月27日に誤って市外のまったく関係ない個人へ郵送されたもの。受取人から誤って開封したとの連絡を受け、郵便局員が訪問した上で納付書を回収した。納付書には、氏名や住所、被保険者番号、保険料納付額が記載されている。

すでに本来の受取人は転居しており、同区では、職員と郵便局員で受取人を訪問する予定だという。また、同区では、郵政公社に対し、郵便物の配達にあたり、受取人確認の徹底を申し入れた。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 顧客情報含むサーバへ不正アクセス
WP向けプラグイン「Popup Maker」にXSSの脆弱性
県立高校において生徒の成績票を紛失 - 岐阜県
ブロックチェーンによる「本人確認」システム - マネロン対策などに活用
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も