Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便局員が国民健康保険料納付書を誤配送 - 横浜市金沢区

横浜市金沢区は、同区が郵送した国民健康保険料納付書1件が、誤送付されていたと発表した。

同区発送の納付書が、2006年12月27日に誤って市外のまったく関係ない個人へ郵送されたもの。受取人から誤って開封したとの連絡を受け、郵便局員が訪問した上で納付書を回収した。納付書には、氏名や住所、被保険者番号、保険料納付額が記載されている。

すでに本来の受取人は転居しており、同区では、職員と郵便局員で受取人を訪問する予定だという。また、同区では、郵政公社に対し、郵便物の配達にあたり、受取人確認の徹底を申し入れた。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委、個人データ漏洩時の対応方法示す - パブコメに117件の意見
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
イベントチラシに一般出演者の氏名掲載でトラブル - 横浜市
脆弱性学習ツール「AppGoat」が再度アップデート - 一部修正が不十分で
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
8割超のSOC、成熟度レベル低く脆弱 - HPE調査
「ランサムウェア」被害に身代金払う、25人に1人
WordPressに対する改ざん攻撃、「コード実行」狙いも