Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便局員が国民健康保険料納付書を誤配送 - 横浜市金沢区

横浜市金沢区は、同区が郵送した国民健康保険料納付書1件が、誤送付されていたと発表した。

同区発送の納付書が、2006年12月27日に誤って市外のまったく関係ない個人へ郵送されたもの。受取人から誤って開封したとの連絡を受け、郵便局員が訪問した上で納付書を回収した。納付書には、氏名や住所、被保険者番号、保険料納付額が記載されている。

すでに本来の受取人は転居しており、同区では、職員と郵便局員で受取人を訪問する予定だという。また、同区では、郵政公社に対し、郵便物の配達にあたり、受取人確認の徹底を申し入れた。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区
高校行事出席者へのお礼メールで誤送信 - 宮城県
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化