Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵便局員が国民健康保険料納付書を誤配送 - 横浜市金沢区

横浜市金沢区は、同区が郵送した国民健康保険料納付書1件が、誤送付されていたと発表した。

同区発送の納付書が、2006年12月27日に誤って市外のまったく関係ない個人へ郵送されたもの。受取人から誤って開封したとの連絡を受け、郵便局員が訪問した上で納付書を回収した。納付書には、氏名や住所、被保険者番号、保険料納付額が記載されている。

すでに本来の受取人は転居しており、同区では、職員と郵便局員で受取人を訪問する予定だという。また、同区では、郵政公社に対し、郵便物の配達にあたり、受取人確認の徹底を申し入れた。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
入試結果など個人情報含む書類を紛失 - 大手前大
印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ