Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取銀行、信用情報の登録ミスが判明 - プログラムミスで2001年から

鳥取銀行は、個人顧客のローン返済の解約や完済といった信用情報に登録ミスがあったと発表した。

信用情報については、銀行などの各金融機関が全国銀行個人信用情報センターに登録し、共有しているが、同行が同センターへ情報を提供する際、2001年5月以降、解約や完済情報など1万6060件が未送信となっていた。

しんきん共同システム運営機構などにおいて同センターに対して314万人分にわたる大規模な登録ミスが12月初旬に判明しており、同行においても同様のミスなどがないか調査を進めたところ発覚。2001年5月に個人信用情報機関へ登録するプログラムを変更したが、同プログラムに不具合があり、それ以降、
通常の新規契約や返済などの情報は通常通り送信されていたものの、解約や完済などの情報が送られていなかった。

同行では、プログラムを修正し、2006年12月25日までに未送信となったデータを送信、登録した。今回の登録ミスが原因となり、同行に対する融資の申し込みを断ったケースはないという。

鳥取銀行
http://www.tottoribank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委