Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が保管されたサーバ盗まれる - 健康食品会社

健康食品を販売するクロレラサプライは、2006年12月23日に同社が顧客の個人情報などを管理していたサーバを何者かに盗まれた。同社では、28日に警察へ被害を届け、詳細について調査を行っているという。

今回の事件は、同社内にある顧客管理用のサーバが盗まれたもの。同社の発表によれば、同サーバには、セキュリティロックなどを行った上で警報装置などを備えた室内で施錠管理していたが、破壊されて持ち去られたという。

保存されていた個人情報は、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレスのほか、一部クレジットカード番号なども保存されていた。また、同社での購入履歴や症状なども含まれる。

盗まれたサーバには約80万件の個人情報が含まれていたと一部で報道されているが、同社は取材に対して現在調査中として詳細の明言は避けた。事件の経過や調査結果については、ホームページで公開していくとしている。

(Security NEXT - 2007/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割