Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座番号など含むATMジャーナル1巻が所在不明 - もみじ銀行

もみじ銀行は、フジ熊野店出張所に設置されたATMの取引情報843件を記載した書類の紛失が判明したと発表した。

所在が不明となっているのは、ATMの取引内容を記録する使用済みのジャーナル1巻。12月11日16時10分から16日13時25分までの間に、預金の入出金や振り込み、キャッシングなど同ATM機を利用した顧客843件の氏名、口座番号、取引金額、残高など、個人情報が記載されている。

16日夜、ATMの保守業務を請け負う関連会社の従業員が、ジャーナルの交換作業後に帰社したところ、同ジャーナル1巻の紛失に気付いた。その後警察に届け出るとともに捜索を行っているが、25日時点では発見されていない。同行では、該当する顧客に対し個別に説明と謝罪をしているという。

(Security NEXT - 2006/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト