Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受託した顧客情報や委託スタッフの個人情報がWinny流出 - クリーク・アンド・リバー社

クリーク・アンド・リバー社は、顧客情報や委託スタッフの個人情報などがWinnyを通じて流出したと発表した。

ウェブ制作業務を請け負った際の受託個人情報が流出したもの。当時、業務を担当した同社委託スタッフの私有パソコンにデータが消去されずにそのまま保存され、ウイルス感染のためにインストールされていたWinny経由で流出した。

流出した情報は、ウェブ上に掲載したコンテンツの取材メモや関連書類で、氏名や年齢、会社名、出身学校、年収など3113名分。同社が委託するスタッフの氏名や会社名、住所、電話番号、メールアドレスなど104名分も漏洩したという。

同社では該当する顧客へ個別に謝罪しているという。ファイル交換ソフトの制限や、不要になった個人情報の廃棄、従業員教育など再発防止策に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生