Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしでパソコン2台奪われ、1台は回収 - コーンズドッドウェル

電子機器などを扱うコーンズドッドウェルは、12月12日に栃木県小山市内で営業スタッフが車上荒らしに遭い、個人情報が保存されたパソコンを持ち去られたと発表した。

同社によれば、従業員が食事中に、レストラン駐車場に止めてあった車の窓ガラスが割られ、パソコン2台などを鞄ごと持ち去られたもの。パソコン内には、顧客の情報が入っており、氏名や会社名、所属、電話番号などが記録されていたが、アクセスには指紋認証とパスワードが必要であり、同社ではデータへのアクセスは困難と結論付けている。

同社では警察へ被害を届け、その後14日に1台については、茨城県内で回収された。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス