Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大16台のネットワークカメラを監視できるソフト「C-Moni」

アライドテレシスとアライドテレシスネットワークスは、ネットワークカメラを利用したソーキ製の映像監視ソフトウェア「C-Moni」を12月25日に発売する。

「C-Moni」は、遠隔地に設置した最大16台のネットワーク対応カメラの画像を表示、録画など行えるソフトウェア。映像の変化による検知やプライバシー保護を実現するマスキング機能を搭載。同ソフトはウェブサーバ機能を搭載しており、ウェブブラウザから操作や表示を行うことが可能。

販売は「C-Moni」単体で行われ、最大4台まで同時に接続できる「C-Moni 4」9台まで対応する「C-Moni9」、16台に対応する「C-Moni 16」の3種類を用意。また、接続台数を増やすアップグレードライセンスも用意する。

同社では、同ソフトをサポートするカメラとして、パナソニックコミュニケーションズ製ネットワークカメラ「BBシリーズ」、日本SGI製「ViewRanger」「ゴーグルカメラ」なども提供する。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社