Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールマガジン送付時に誤って読者情報741名分を添付 - 講談社

講談社は、12月15日にメールマガジンを配信した際、読者741名の個人情報を含むファイルを誤って添付したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、女性誌「FRaU」が募集した組織「FRaU×adidas ランニングチーム」の会員向けメールマガジン。送信する際、操作ミスにより会員741名分の個人情報ファイルが添付された状態で全員に送られた。氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレス、応募動機、ウェアやシューズのサイズなどが含まれる。

同社では該当する会員に対しメールで謝罪するとともに、添付ファイルの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催