Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住基ネット控訴審、石川では住民逆転敗訴

石川県内の住民が、プライバシー権を侵害するとして住民基本台帳ネットワークからのデータ削除などを求めた裁判の控訴審判決が名古屋高裁金沢支部において11日に言い渡された。

一審の金沢地方裁の判決は2005年5月に出ているが、住民基本台帳ネットワークに記録されるデータについて自己情報コントロール権の対象となり、違憲として一部原告の主張をみとめ、住基ネットからの削除を命じていた。

今回恩控訴審では、一転して住民の主張を棄却。不当に利用する場合については自己情報コントロール権を行使できるものの、利用に問題や危険はなく、公共の福祉の面からも合憲と判断した。

(Security NEXT - 2006/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応