Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Share上の流出ファイルを調査する新サービス - ネットエージェント

ネットエージェントは、ファイル交換ソフト「Share」のネットワーク上に流出した情報を調査する「Share経由の情報流出調査」を開始した。

同社では、すでにWinny上の情報流出を調査するサービスを展開しているが、同システムを活用し、あらたにShareに対する調査メニューを追加。従来Shareでは、流出ファイルの存在について確認しか行えないような場合があったが、同社システムを利用することで、流出したファイルの特定や、規模、ファィルを保持している端末のIPアドレスやポート番号といった情報を提供する。

同社では、今回のサービス開始に合わせ「Winny/Share調査サービス開始キャンペーン」を実施する。同キャンペーンでは、年末年始の期間に調査を実施するトライアルキャンペーン。3つのキーワードの流出状況を調査する。価格は95万円。

(Security NEXT - 2006/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ