Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Share上の流出ファイルを調査する新サービス - ネットエージェント

ネットエージェントは、ファイル交換ソフト「Share」のネットワーク上に流出した情報を調査する「Share経由の情報流出調査」を開始した。

同社では、すでにWinny上の情報流出を調査するサービスを展開しているが、同システムを活用し、あらたにShareに対する調査メニューを追加。従来Shareでは、流出ファイルの存在について確認しか行えないような場合があったが、同社システムを利用することで、流出したファイルの特定や、規模、ファィルを保持している端末のIPアドレスやポート番号といった情報を提供する。

同社では、今回のサービス開始に合わせ「Winny/Share調査サービス開始キャンペーン」を実施する。同キャンペーンでは、年末年始の期間に調査を実施するトライアルキャンペーン。3つのキーワードの流出状況を調査する。価格は95万円。

(Security NEXT - 2006/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定