Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部ガス、顧客情報含む領収書控えの紛失2件が発生

中部ガスは、顧客情報が記載された領収書控えの紛失事故2件を公表した。

11月27日に豊橋支店の社員が顧客宅を訪問後、領収書1冊を収納していた鞄ごと紛失。領収書には、顧客41名分の氏名、領収金額などが記載されていた。

また、社内点検によりあらたに領収書の紛失が12月4日に判明した。浜松支店の社員が宿直者用持ち出し鞄の中身を点検した際、領収書1冊が所在不明となっていることがわかったもので、同領収書には、顧客22名分の氏名および領収金額が記載されており、一部には住所も含まれていた。

同社では、該当する顧客を個別に訪問し、説明と謝罪をするとしている。

(Security NEXT - 2006/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正