Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱製FOMA端末の電池パックに異常発熱の恐れ - 約130万個回収

NTTドコモと三菱電機は、「FOMA D902i」対応の電池パック「D06」の一部に異常発熱の恐れがある不良品が確認されたとして、回収と交換を開始した。

2006年5月以前に製造された三菱電機製携帯電話「FOMA D902i」対応の電池パック「D06」において、製造工程上の問題による不良品が確認されたというもの。

電池パックの表面に傷が付く程度の力が加わった場合、充電中或いは充電直後に異常発熱し、破裂するおそれがあるという。実際に破裂したケースは、7日時点では1件。異常発熱や破裂の申告は、17件寄せられている。

NTTドコモでは、対象となる電池パックを利用しているユーザーに対し、メールで連絡したうえ良品を送付する。取替対象件数は約130万個。また、電池パックの取替を優先するため、「FOMA D902i」「FOMA D902iS」「FOMA D903i」の販売を一時停止するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ