Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分

しんきん共同システム運営機構が登録した信用情報314万人分に入力ミスがあったことがわかった。

同機構では、全国の信用組合の信用情報に関する事務業務を受託しており、全国銀行個人信用情報センターへ情報を提供する際に誤った情報を提供したという。

誤登録は314万件にのぼり、各金融機関などが融資の際利用されるため、融資などに影響が出たケースもあったという。同機構ではプログラムをすでに修正しているという。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
カスペ、パートナーがソースコードをレビューできる施設 - 欧州で2カ所目
府立高校で生徒情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - ERP導入コンサル会社
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正