Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用金庫の信用情報で登録ミス314万人分

しんきん共同システム運営機構が登録した信用情報314万人分に入力ミスがあったことがわかった。

同機構では、全国の信用組合の信用情報に関する事務業務を受託しており、全国銀行個人信用情報センターへ情報を提供する際に誤った情報を提供したという。

誤登録は314万件にのぼり、各金融機関などが融資の際利用されるため、融資などに影響が出たケースもあったという。同機構ではプログラムをすでに修正しているという。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ