Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

近畿産業信用組合、顧客情報記載の書類を事務手続き中に紛失か

近畿産業信用組合は、顧客情報36件が記載された書類を紛失したと発表した。職員間で受け渡ししている最中に、所在不明になったという。

所在不明となっているのは、顧客から預かった物件類の「受取書綴り」。顧客36名分の氏名、預かり金額、預かり物件などが記載されている。事務手続きのため職員間で受け渡ししている最中に紛失したものと見られている。

同組合では、該当する顧客に対しすでに連絡して事実説明をしたとしている。

(Security NEXT - 2006/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で