Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

亜種が150種類以上、悪質化するワーム「STRATION」に注意

トレンドマイクロは、2006年11月度のウイルス感染レポートを公開した。同社サポートセンターに寄せられた被害報告をまとめたもの。

今月の被害報告は7477件で、先月の8806件から減少した。各ウイルスごとの被害報告も減少しているが、同社では、感染被害が分散化していると分析している。

また、被害報告トップとなったマスメール型ワーム「WORM_STRATION」の被害件数そのものは減少しているものの、150種類以上の亜種が登場。従来と異なりスパイウェアをダウンロードするタイプも登場しており、同社では注意を促している。

1位:WORM_STRATION
2位:TSPY_LINEAGE
2位:WORM_SDBOT
4位:WORM_RBOT
5位:BKDR_AGENT
6位:JAVA_BYTEVER※(2)
7位:ADW_FLASHGET.E
8位:TROJ_SMALL
9位:PE_VIRUT
10位:ADW_WINFIXER

(Security NEXT - 2006/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力