Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「取り引き時にセキュリティの要請受けた経験ある」25%

取り引きの際、顧客などからセキュリティの要請や指摘を受けた企業が25%にのぼることが、ニューオフィス推進協議会の調査によりわかった。

今回の調査は、ニューオフィス推進協議会が「オフィスセキュリティマーク」認証制度が開始したことにともない、7月から10月にかけてインターネットユーザーを対象にオフィスのセキュリティ環境について聞いたもの。有効回答数は1722件だった。

オフィスの安全度に対する自己評価では、約56%のユーザーが「高い」あるいは「比較的高い」としているが、約44%が低いと回答。オフィスセキュリティ強化については86%が必要性を感じていることがわかった。また、取り引きにおいて、得意先や顧客からセキュリティ要請を受けるケースが増加しており、25%に要請経験があるという。

もっとも漏洩が発生しやすいと想定している経路については、紙媒体が57%でトップ。続くパソコン本体の盗難や紛失(24%)に大きな差をつけた。紙媒体の漏洩を懸念する声は金融業や教育関連、運輸業が目立った。

(Security NEXT - 2006/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市