Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県、公文書検索ページで個人情報を公開 - 担当者のチェックミス

三重県は、公式サイトの公文書検索ページにおいて、検索結果に個人情報が13件が公開されていたことを明らかにした。

10月5日に個人名を含む文書の件名5件が、誤って約2カ月間、インターネット上で検索結果として公開されていたことが判明。同県では事故発覚後、同様のケースがないか調査を進めていた。今回、13件の個人情報が検索結果として表示されていることを確認したという。

問題となった文書は、児童相談センターの「療育手帳の再判定結果について」や、医療政策室の「平成14年度前期分授業料の減免について」、高校の「転出・異動処理通知」など。いずれも件名に、個人の姓名などが記載されていたという。

事故原因は、文書管理システムに誤って入力された個人情報を、文書の決裁者が見落としたためと見られている。同県では、文書管理システムへの入力時に注意を喚起するメッセージを表示させたり、開示用の件名を複数の職員でチェックするなど、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2006/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用