Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割が情報漏洩に不安を覚えつつも個人情報などを入力 - シマンテック調査

9割以上のユーザーがインターネット上の情報漏洩に不安を感じていることがシマンテックの調査により判明した。

シマンテックが、インターネット利用歴3年以上で15歳以上のユーザーを対象に、オンライン詐欺に関する調査を実施したもの。今回の調査で3回目を迎えた。

同調査によれば、インターネット上で個人情報などが流出したり、詐取された情報などの不正利用されることを9割以上が不安に思っていながらも、実際にはネット上で情報を入力していることがわかったという。

一方、インターネット詐欺を防ぐためにスタイルの変化が生まれており、3割弱のユーザーが信用できるサイト以外の買い物を避けたり、対策ソフトの利用などを行うようになったという。また、パスワードを定期的な変更などを行ったり(20.0%)、決済方法を変更する(17.2%)ようになったユーザーもいたという。

(Security NEXT - 2006/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず