Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割が情報漏洩に不安を覚えつつも個人情報などを入力 - シマンテック調査

9割以上のユーザーがインターネット上の情報漏洩に不安を感じていることがシマンテックの調査により判明した。

シマンテックが、インターネット利用歴3年以上で15歳以上のユーザーを対象に、オンライン詐欺に関する調査を実施したもの。今回の調査で3回目を迎えた。

同調査によれば、インターネット上で個人情報などが流出したり、詐取された情報などの不正利用されることを9割以上が不安に思っていながらも、実際にはネット上で情報を入力していることがわかったという。

一方、インターネット詐欺を防ぐためにスタイルの変化が生まれており、3割弱のユーザーが信用できるサイト以外の買い物を避けたり、対策ソフトの利用などを行うようになったという。また、パスワードを定期的な変更などを行ったり(20.0%)、決済方法を変更する(17.2%)ようになったユーザーもいたという。

(Security NEXT - 2006/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応