Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報402件がP2Pネットワーク上へ流出 - NTTドコモ東北

NTTドコモ東北は、ドコモショップ青森新町店スタッフの自宅パソコンがウイルスに感染し、同ショップの顧客情報402件がファイル交換ソフトを介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、同ショップが管理している顧客情報で、個人顧客60名分の氏名および携帯電話番号と、法人顧客342名分の会社名、会社住所、担当者氏名、電話番号などが含まれていた。これらのデータが含まれるファイルには、パスワードが設定されていたという。

同社では、許可のないデータの持ち出しやP2Pソフトの利用を禁止していた。再発防止のため再度徹底を図るという。また該当する顧客に個別に連絡して説明と謝罪をする。

(Security NEXT - 2006/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生