Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本財団、メルマガ誤配信で読者のアドレス499件を流出

日本財団は、11月22日にメールマガジンを配信した際、誤って受信者499名のアドレスが表示された状態で送信したと発表した。

誤送信が発生したのは、同財団が配信している「日本財団ブログ・マガジン」。受信者のアドレスを誤って宛先へ記載したため、受信者499名全員のアドレスが閲覧できる状態で送られた。

送信後すぐミスに気付いたため、ただちに報告と謝罪のメールを送るとともに、誤送信メールの削除を依頼したとしている。

同財団では、今年7月にも運営するコミュニティサイト「CANPAN」の案内メール送信時にミスがあり、2346件のメールアドレスが漏洩する事故が発生している。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ