Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シグネチャを利用せずクライアントを守る新技術「Websense Threatseeker」

ウェブセンスは、セキュリティ技術「Websense Threatseeker」を開発した。

同技術は、ウェブを利用した情報の詐取といった攻撃に対し、アルゴリズムや挙動、コード解析、データマイニングなどを利用することでクライアントを守る技術。

パッチやシグネチャそ利用しないため、最新の脅威の発生から数分以内に対応できるほか、将来発生する可能性がある攻撃などへ事前に対策を行う必要などもないという。

同技術は、11月21日に発売したウェブセキュリティソフトウェア「Websense Web Security Suite バージョン6.3」「Websense Web Security Suite - Lockdown Edition バージョン6.3」に搭載されている。

(Security NEXT - 2006/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ