Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話譲渡時の本人未確認で是正命令 - 総務省

総務省は、「携帯電話不正利用防止法」に違反した事業者に対して是正命令を行った。

ソフトバンクショップ函館東山店を運営するエムデジに対して是正を命じたもの。携帯電話の譲渡については、携帯電話を利用した犯罪を防止するため、同法にて譲受人の本人確認が義務づけられているが、同ショップでは2006年4月から9月まで契約された17件について、本人確認が行われていなかったという。

同省では、ソフトバンクモバイル対して、監督義務を履行していたとしながらも、監督と再発防止措置の徹底を要請。さらに同省では、電気通信事業者協会に対して加盟事業者へ監督の周知徹底を行うよう要請した。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコールの通販サイトで顧客情報を誤表示 - キャッシュ設定のミスで
「Struts 2脆弱性」を攻撃された特許情報サイト「J-PlatPat」が再開 - 情報漏洩を否定
「Apache Struts 2」に脆弱性の影響を緩和するプラグイン - 更新できない利用者向けに公開
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
「Apache Struts 2」にあらたな問題が判明 - 「Content-Type」以外のHTTPヘッダでも攻撃可能
ファイル共有ソリューション「Commvault Edge」に脆弱性
危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
サイバー攻撃被害組織の2割強で顧客や収益が減少