Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話譲渡時の本人未確認で是正命令 - 総務省

総務省は、「携帯電話不正利用防止法」に違反した事業者に対して是正命令を行った。

ソフトバンクショップ函館東山店を運営するエムデジに対して是正を命じたもの。携帯電話の譲渡については、携帯電話を利用した犯罪を防止するため、同法にて譲受人の本人確認が義務づけられているが、同ショップでは2006年4月から9月まで契約された17件について、本人確認が行われていなかったという。

同省では、ソフトバンクモバイル対して、監督義務を履行していたとしながらも、監督と再発防止措置の徹底を要請。さらに同省では、電気通信事業者協会に対して加盟事業者へ監督の周知徹底を行うよう要請した。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加