Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Exchange ServerやOffice SharePoint Server向けセキュリティ製品が登場

マイクロソフトは、「Microsoft Forefront Security for Exchange Server」日本語版および「Microsoft Forefront Security for SharePoint」日本語版を12月1日に発売する。

FSEとFSSは、それぞれMicrosoft Exchange Server 2007およびMicrosoft Office SharePoint Server 2007向けのセキュリティ対策製品。複数のウイルス対策ソフトを同時に管理できるマルチスキャンエンジンを搭載しており、ウイルスやスパイウェア、不正ソフトウェアなどからサーバを保護し、感染拡大などを防止する。

ウイルスメール防止機能をはじめ、不適切なコンテンツや機密情報などをブロックする機能を搭載。FSEには、スパムメールの受信を防止する機能を装備している。

いずれも、多数サーバがある場合もテンプレートによるポリシーの設定が可能。ファイルフィルタやコンテンツフィルタ用のフィルタも作成できる。そのほかActive Directory、グループ ポリシー、Microsoft Updateサービスとの連携を実現している。

さらに同社では、マルウェア対策製品「Microsoft Forefront Client Security」日本語版のベータ版を12月13日より公開する予定。

(Security NEXT - 2006/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市