Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコーと日立ソフト、印刷物からの情報漏洩を防ぐセキュリティソリューションを提供

リコーと日立ソフトウェアエンジニアリングは、印刷物による情報漏洩を抑止するソリューションを提供するとして協業した。

今回の協業により、リコーのデジタル複合機「imagioシリーズ」と、日立ソフトの指静脈認証システム「静紋」および強制透かし印刷製品「秘文AE Watermark Print」を連携したセキュリティソリューション3種を提供する。

imagio個人認証キットと指静脈認証システム「静紋」を組み合わせたソリューションでは、複合機の印刷時の指静脈認証を可能にする。

imagio地紋印刷、不正コピーガード機能と強制透かし印刷製品「秘文AE Watermark Print」を組み合わせたソリューションでは、複合機で印刷する際に強制的にIDや印刷日時を印字するほか、コピーそのものを禁止することもできる。

また、プリントイメージログ収集・検索システム「Ridoc IO JBPrint」と「秘文AE ログサーバ」 を組み合わせたソリューションにより、プリントログを収集することを実現する。

(Security NEXT - 2006/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース