Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

分野に特化することで低価格に押さえたログ解析製品 - セキュアヴェイル

セキュアヴェイルは、ファイアウォールやIPSなど、分野ごとのログ解析に特化したログ解析アプライアンス「LogStare Limited」6製品を11月22日より発売する。価格はいずれも207万9000円

061121secuavail.jpg

同製品では、各分野ごとに対応するログ解析ソリューションで、「ファイアウォール」「プロキシ」「メール」「アンチウイルス」「ファイルアクセス」「IDS/IPS」など6種類を用意。同社が従来より提供している「LogStare Enterprise」と異なり、分析対象を特定することで低価格に押さえた。

同製品は、時間や送信元、送信先、状態、特定キーワードなどによりログを分析することが可能。状態をグラフィカルに表示することが可能なほか、CSVによるダウンロードにも対応している。

(Security NEXT - 2006/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに