Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話をタクシー内に置き忘れ - ビル管理会社

三菱地所藤和コミュニティは、11月1日に東京東支店の社員が顧客情報や社員情報などを含む業務用携帯電話を紛失したと発表した。

紛失したのは会社が提供している業務用の携帯電話。顧客5名の名字と携帯電話番号、社員約30名の携帯電話番号などが登録されていた。同社員が横浜市内のタクシー車中で電話を使用し、車を降りて支店に到着後紛失に気付いた。

警察やタクシーの遺失物センターへ紛失届を提出、さらに携帯電話の使用停止措置を取った。同電話にセキュリティロックは掛けられていなかったという。同社ではすでに、該当する顧客に対し説明と謝罪をした。

(Security NEXT - 2006/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ