Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプライアンス市場は活況 - コスト効率でUTMが人気

2005年度における国内のセキュリティアプライアンスの市場規模が、金額ベースで26.5%増となり、254.1億円に達したことがIDC Japanの調査によりわかった。

同社が国内におけるセキュリティアプライアンス市場の動向をまとめたもの。2005年は統合型脅威管理アプライアンスの出荷台数が5万3254台となり、前年度の約2.5倍を記録するなど市場を牽引し、市場全体も好調で金額ベースで26.5%増を記録するなど活況だった。

また、アンチウイルスやメール対策、ウェブフィルタリングなどを実現するセキュアコンテンツ管理アプライアンス市場も2005年は市場34.8億円規模だったが、2006年に入りさらに急速に拡大する傾向にあるという。

同社では、従来求められていたVPNやファイアウォールから統合型アプライアンスへコスト効率の良さから需要が変化していると分析。アプライアンス市場全体を拡大する推進力となっており、脅威管理アプライアンス市場は、2005年から2010年まで24.3%の平均成長率を記録すると同社では予測している。

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備