Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアプライアンス市場は活況 - コスト効率でUTMが人気

2005年度における国内のセキュリティアプライアンスの市場規模が、金額ベースで26.5%増となり、254.1億円に達したことがIDC Japanの調査によりわかった。

同社が国内におけるセキュリティアプライアンス市場の動向をまとめたもの。2005年は統合型脅威管理アプライアンスの出荷台数が5万3254台となり、前年度の約2.5倍を記録するなど市場を牽引し、市場全体も好調で金額ベースで26.5%増を記録するなど活況だった。

また、アンチウイルスやメール対策、ウェブフィルタリングなどを実現するセキュアコンテンツ管理アプライアンス市場も2005年は市場34.8億円規模だったが、2006年に入りさらに急速に拡大する傾向にあるという。

同社では、従来求められていたVPNやファイアウォールから統合型アプライアンスへコスト効率の良さから需要が変化していると分析。アプライアンス市場全体を拡大する推進力となっており、脅威管理アプライアンス市場は、2005年から2010年まで24.3%の平均成長率を記録すると同社では予測している。

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中