Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版とNICT、広告付き「無償暗号化ソフト」を配布

凸版印刷と情報通信研究機構(NICT)は、広告付きファイル暗号化ソフト「CIPHERON NEO」を共同開発した。11月20日発行のフリーDVD「codeNEO」vol.5に収録する予定だ。

同ソフトは、ハードディスク上の任意のファイルを暗号化および復号化を行うものだが、復号化する際、約15秒のオンライン広告が表示される。

また、二次元コードを用いた認証キーを発行でき、12月からは暗号化ポータルサイト「CIPHERON.NET」にキーを登録することで、暗号化ファイルの交換が可能。

凸版印刷が発行するフリーDVDマガジン「codeNEO」からインストールが可能。同DVDはコンビニエンスストア、レンタルショップ、書店、映画館などで約25万部が配布されている。


CIPHERON NEOインタフェース


広告表示時

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に