Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」は5件、MSが11月のセキュリティパッチを公開

マイクロソフトは、11月度のセキュリティパッチを公開した。深刻度は「緊急」が5件、「重要」が1件となっている。

今回、「緊急」とされた5件はすべてWindowsに影響のあるもので、Internet ExplorerやMicrosoft Agent、Microsoft XML コアサービス、Workstation サービスの脆弱性など。

また、AdobeのMacromedia Flash Playerに存在する脆弱性を解決するパッチも公開された。いずれも悪意ある第三者より攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

更新プログラムは、マイクロソフトダウンロードセンターのほか、Microsoft Updateなどからダウンロードすることができる。同社では早急な適用を求めている。

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催