Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「緊急」は5件、MSが11月のセキュリティパッチを公開

マイクロソフトは、11月度のセキュリティパッチを公開した。深刻度は「緊急」が5件、「重要」が1件となっている。

今回、「緊急」とされた5件はすべてWindowsに影響のあるもので、Internet ExplorerやMicrosoft Agent、Microsoft XML コアサービス、Workstation サービスの脆弱性など。

また、AdobeのMacromedia Flash Playerに存在する脆弱性を解決するパッチも公開された。いずれも悪意ある第三者より攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

更新プログラムは、マイクロソフトダウンロードセンターのほか、Microsoft Updateなどからダウンロードすることができる。同社では早急な適用を求めている。

(Security NEXT - 2006/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社