Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪医大附属病院、車上荒らしで患者情報入りPCなどが盗難

大阪医科大学附属病院は、11月5日に同院医師が車上荒らしに遭い、患者情報が記録されたパソコンおよびUSBメモリが盗まれたと発表した。

被害に遭ったパソコンとメモリには、患者の症例や検査結果などが記録されていた。事件発生後ただちに警察に通報したが、見つかっていないという。

同院では該当する患者に対し、事件の経緯を説明する謝罪状を送付した。同院では、患者情報の管理や職員への指導を強化して、再発防止に努めるという。

(Security NEXT - 2006/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも