Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスバスターコーポレートエディションに不具合 - セキュリティパッチが公開

トレンドマイクロは、ウイルスバスター コーポレートエディション 6.x向けのセキュリティパッチを公開した。

同製品において、初期化を行う際にシステム時刻が1996年から2037年までの間に設定されていないと初期化が行えない不具合が発生するもの。不具合が発生したら、初期化が途中で中止され、その情報がレジストリに保存されるため、その後リアルタイム検索が実施できなくなる。

今回同社が提供するセキュリティパッチを適用することで、問題が解決するとしている。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2006/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社