Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム管理者の操作を記録、監査するシステム - PFU

PFUは、システム管理者によるサーバへのアクセスや操作内容を記録し、監査する「PFU アクセス制御・監査システム」を12月より出荷開始する。

同システムは、アクセス監査ソフトウェア「iNetSec Access Audit V1.0」とネットワーク認証機器「トップレイヤーネットワークス社 Secure Controller」を連携させることにより、システム管理者のサーバアクセスや操作を記録、監査して内部統制強化を支援するもの。

時間、利用者、操作内容など自動で記録。セキュリティポリシーに基づいて監査項目を独自に設定でき、自動でシステム監査が行われる。問題のあるアクセスや操作があった場合、違反内容が自動で抽出されるため、監査の労力が軽減できる。

また、サーバへのネットワーク上に追加できるため、既存のサーバや端末にソフトなどを導入せず利用できる。製品価格は367万5000円から。運用サービスは個別見積もりとなっている。

(Security NEXT - 2006/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大