Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業規模にかかわらず約9割が導入済み - ウイルス対策ソフト

ウイルスソフトの導入率が従業員規模にかかわらず、約90%に達していることがIDC Japanの調査によりわかった。

IDC Japanがセキュリティソフトウェアの市場予測をまとめたもの。従業員規模などにかかわらず、ウイルスソフトの導入状況は高い値を示し、90%を越えていることがわかったという。

ウイルス対策ソフト、フィルタリングソフト、スパム対策ソフトなど、外部コンテンツにおける脅威を防止する「セキュアコンテンツ管理ソフトウェア市場」について、内部統制などへの需要拡大を背景に、今後も堅調な伸びが見込まれるという。

2006年の市場規模は682億円、2005年から14.3%の伸びを見込んでおり、同社では2005年から2010年の年間平均成長率を11%と予測している。

(Security NEXT - 2006/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社