Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

画像で表示するイメージスパムが増加 - ソフォスレポート

ソフォスは、2006年第3四半期におけるスパム送信国に関するレポートを発表した。

同レポートは、同社の調査機関「SophosLabs」が2006年7月から9月の間に受信したスパムを分析、まとめたもの。ワースト1はアメリカで21.6%、次いで中国が13.4%、フランスと韓国が同率で6.3%と続いた。 日本は1.7%で12位だった。

前回調査では、2位の中国はアメリカに迫る勢いだったが、今回はその差が開いた。これは、英語圏のユーザーを狙った「Stratio」ワームがまん延した影響と同社では分析している。同ワームに感染すると、パソコンに不正に侵入するためのバックドアが開かれ、スパムを送信する踏み台にされるという。

スパムの傾向としては、アンチスパムソフトに駆除されないイメージスパムの使用が目立っている。これはメッセージをテキストではなく画像で表示するもので、特に風説を流布して不当に株価を吊り上げて利益を得る「ポンプ&ダンプ詐欺」で利用されるケースが目立つという。

同社がまとめたワースト12は以下のとおり。

1位:アメリカ
2位:中国
3位:フランス
3位:韓国
5位:スペイン
6位:ポーランド
7位:ブラジル
8位:イタリア
9位:ドイツ
10位:台湾
11位:イスラエル
12位:日本

(Security NEXT - 2006/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT